学生でもキャッシングを利用できる

キャッシングは社会人のみしか契約できないと思っている方もいるのではないでしょうか?実は学生でもキャッシング契約を結ぶことができます。
ただし、どの学生でも利用できるかというわけではありません。
学生がキャッシングを利用する場合には、年齢が20歳以上であること。
そして契約者自身に安定した収入があることが条件となります(収入額よりも収入が継続してあるかを重要視します)。
この2つの条件を満たしていればキャッシング契約を結ぶことができるのです。
もちろん利用には審査が必要になります。
審査では身分証明書が必要です。
身分証明書は、運転免許証、健康保険証、パスポートのいすれかが必要になるので、前もって用意しておきましょう。

また有効期限が切れている場合は、身分証明書としての効力がなくなるため、事前に有効期限の確認を行い、必要があれば更新しておきましょう。
ただし、学生が審査に通る可能性は、社会人よりも低いと言えます。
なぜならば社会人よりも収入が低いこと、また、キャッシングを含めたローンなどの利用履歴が少ないことなどが挙げられるからです。
キャッシング会社からすれば、審査の際に、過去の利用履歴を基準にします。
過去にしっかりと返済できている、つまり返済能力があれば、「この人はしっかりと返してくれる」と審査にプラスになるのですが、過去に利用履歴がなければ、この人は返済能力があるのかの判断ができないので、審査は厳しくなります。
収入自体も社会人より低いため、返済能力が低いと判断されて、審査が通りにくくなってしまう傾向にあります。